ウェルハウス(河本興業株式会社)
営業時間
9:00 - 18:00
お客様用
072-840-0100
業者様用
072-840-3221

お知らせ

最新チラシ

耐震等級…ってなんだ?

Category
社員ブログ

こんにちは、中村です。

暑さのせいか疲れがたまりやすく、かぜぎみです(^_^;;)

最近は宮本さんのちらし作りのお手伝いをさせてもらっています!

 

テクノストラクチャーといえば「耐震等級3」のお家。

実は私、最近までよくわかっていませんでした。

「3だったら、なんとなく強いんだろうな」、というくらいのイメージだったんです。

(ちなみに耐震等級は、3が一番上です!)

 

まず、耐震等級1って、、?

「大きな揺れがきたとき、1回目に、命を守るためのスペースをのこす!!」

 

耐震等級1では、繰り返す地震は想定していないって知ってましたか??

また、建築基準法でこれだけは絶対に満たさないといけません、と定められた等級でもあります。

命を守れない家は、そもそも建てられないのです。

 

命を守るための「スペースを残す」ということなので、かたむいてもかまいません。

完全につぶれてしまったり、倒壊してしまったら、基準を満たせていないことになります。

1回目地震がきたあと、避難するまでの命を守るのが、耐震等級1です。

 

耐震性を高めるためには、「構造計算」が命なのですが、

この構造計算をしっかり行った実物大の家を、振動装置の上において揺らす実験をしたのが、【耐震実験】です。

画像のとおり、5回の揺れにも耐えた!という結果がでました。

 

また、熊本で大きな地震がありましたよね。

あの地震での被害状況を調べた結果、耐震等級3のすべての家で、ほとんど損傷がなく、

「そのまま住み続けられた!」という実例があります。

 

 

家を買うというのは、ほとんどの人が「一生に一度だけ」の大きな買い物だと思います。

それから、たくさんの夢をかなえたおうちであることと思います。

 

地震は繰り返すものです、、

私は小さいころ神戸市に住んでいたので、阪神淡路大震災も経験しました。

 

せっかく建てた夢のつまったおうちに、安心してずっと住み続けてほしいなと、ほんとうに思います。

 

なのでぜひ、読んでくださっているみなさんは、構造計算をしっかり行ったおうちを建ててくださいね!!

私もいつか、こどものころにあこがれた、屋根裏部屋のあるおうちを建てたいです(^_^*)

 

記事一覧の画像がぜんぜん関係なくてすみません。笑

先日の、ひらかたパークのナイター営業日の写真です!

枚方はやっぱり夕焼けきれいですね。